研究員によるフォトブログ

2008年8月04日記事一覧

No.54 仕事の道具(その4)~里山の花火~

2008年08月04日

片山 敦司  夜空に広がる打上花火は、夏の風物詩である。一方、爆竹は中国の春節祭(旧正月)を音と火花で彩る初春の風物詩だ。そうした季節感とは少しかけ離れたところで我々も花火を使用する。クマの学習放獣に使う爆竹、サルの追い払いに使うロケット花火など、花火は音響による非殺的被害対策のツールとしても使用頻度の高いものである。花火の発する音響による追い払い効果は短期的には確かにある。しかし、長期的にはどの程度の効果があるものかは定かではない。  春節の爆竹の由来がWeb上で紹介されている。漢代の中国の書『神異経』・『西荒経…

「No.54 仕事の道具(その4…」の続きを読む>>

ページの先頭へ