農林水産省平成29年度鳥獣被害対策基盤支援事業

募集要項

  • HOME »
  • 募集要項

研修会・コース概要
研修会は、「鳥獣被害対策コーディネーター育成研修」と、「地域リーダー(森林)育成研修」の2つがあります。
参加希望に合ったコースへお申込みください。

鳥獣被害対策コーディネーター
育成研修
地域リーダー(森林)
育成研修
育成したい人材 被害状況等の把握、被害対策案の検討・作成、
実施体制の組織化および指導、対策の評価等を
総合的に行う人材
森林等の被害状況や鳥獣の生息状況を判断し、
森林での被害対策を推進する上で中心的な
役割を果たす人材
主な対象者
  • 森林総合監理士(フォレスター)
  • 森林管理局署職員
  • 普及指導員
  • 森林施業プランナー
  • 都道府県担当職員
  • 市町村担当職員
  • 民間事業者 など
  • 森林管理署職員
  • 普及指導員
  • 市町村担当職員
  • 森林組合職員
  • 林業事業体職員 など
研修会の日数 合計8日間(前期:3泊4日、後期:3泊4日) 2泊3日
前期/後期 前期(広域・防護計画策定) 後期(捕獲計画策定) 防護技術と捕獲技術を
幅広く扱います。
概要 被害対策実施地域の選定および防護柵による対策の
計画策定能力の習得を目標とカリキュラムとなっています。
捕獲による被害対策の計画策定能力の習得を
目標としたカリキュラムとなっています。

※主な対象者に含まれない職種の方も、各研修会にご参加いただけます。
※「民間事業者」は、基本的には林業にかかわる事業者を対象としています。
※基本的に学生は対象に含まれません。


参加資格

  • 各研修会の全日程に参加できる方とします。
  • 平成27年度、28年度の研修会に参加された方も、お申込みいただけます。

定員

  • 定員は30名です。定員に達し次第、募集は終了させていただきます。
  • 鳥獣被害対策コーディネーター育成研修は、前期と後期の両方に参加される方を優先します。
  • 定員を超えた場合には、同じ所属先から多数名の参加はご遠慮いただくなど、参加者調整のご相談をさせていただくことがあります。
  • 定員に達した場合は「主な対象者」に記載がある職種の方を優先させていただきます

参加費

  • 参加費は無料(テキスト代を含む)です。
  • ただし、研修会会場までの交通費および研修会中の宿泊費は、参加者の負担となります。

宿泊

  • 開催地によっては、開催者側で宿泊地を手配しています。また、相部屋になることがございます。必ず各研修の詳細ページをご確認ください。
  • 会場の付近にビジネスホテル等の宿泊施設が多数ある開催地では、各自での予約をお願いしております。

修了証

  • 鳥獣被害対策コーディネーター研修会で、実施される科目(前期、後期それぞれ)を受講された方には修了証を発行します。
  • 地域リーダー(森林)研修会で、実施される全科目を受講された方には修了証を発行します。
PAGETOP
Copyright © 株式会社野生動物保護管理事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.