お知らせ

哺乳類学会2018年度大会のお知らせ

2018年08月20日

哺乳類学会2018年度大会

2018年9月7日~10日に信州大学で行われます哺乳類学会のお知らせ

弊社社員の学会での発表等のお知らせです。

詳細は哺乳類学会大会HPへ

 

自由集会発表

F-03

森林管理者によるシカ対策

〇岸本 康誉1, 大場 孝裕2, 上野 真由美3, 明石 信廣4, 飯島 勇人5(1野生動物保護管理事務所, 2静岡県農林技術研究所 森林・林業研究センター, 3北海道立総合研究所・環境科学研究センター, 4北海道立総合研究機構・林業試験場, 5森林総合研究所森林研究部門・野生動物研究領域)

一般口頭発表

OB-09 11:30~11:45

マイクロサテライト遺伝子座を利用した日本に生息するハーバーシールの個体識別の可否

〇水野 米利子1,2, 小林 万里1,2, 羽根田 貴行3, 増渕 隆仁41東京農業大学大学院生物産業学研究科, 2NPO北の海の動物センター, 3野生動物保護管理事務所, 4三重大学生物資源研究科)

 

OD-10 9:30~9:45

二ホンジカの行動(移動・採食vs休息・反芻)・季節(夏季vs冬季)ごとの生息環境に対する選択利用(丹沢地域の事例)

〇姜 兆文1, 山田 雄作1,2, 森 洋佑1, 町田 直樹3, 山根 正伸31㈱野生動物保護管理事務所, 2㈱ROOTS, 3神奈川県自然環境保全センター)

ポスター発表

P-007

紀伊半島に生息するカモシカ(Capricornis crispus)の遺伝的構造解析

〇伊藤 哲治1, 湯浅 卓1, 山元 得江1, 岸本 真弓1, 川本 芳21(株)野生動物保護管理事務所, 2日本獣医生命科学大学)

 

P-056

ニホンザル加害群の行動圏に影響を与える環境条件

〇寺山 佳奈1, 清野 紘典2, 海老原 寛2, 加藤 元海11高知大学・院・黒潮圏, 2株式会社 野生動物保護管理事務所)

 

P-097

ICTシステムによる部分捕獲と麻酔銃による選択捕獲を組み合わせたニホンザル群れの被害軽減手法の開発

〇清野 紘典1, 山端 直人21株式会社野生動物保護管理事務所, 2兵庫県立大学)

 

P-117

鳥取県におけるツキノワグマ追跡個体の大量出没時の行動特性

〇中島 彩季, 伊藤 哲治, 加藤 洋((株)野生動物保護管理事務所)

P-121

石川県に生息するカモシカおよびニホンジカに装着したGPS首輪データから得られた行動と利用環境の特性

〇山元 得江, 関 香菜子, 横山 典子, 濱﨑 伸一郎((株)野生動物保護管理事務所)

 

P-122

長野県美ヶ原高原周辺におけるニホンジカの季節移動状況

〇杉浦 義文1,2, 奥村 忠誠1, 姜 兆文1, 難波 有希子1, 榊 葵1, 岡田 充弘31(株)野生動物保護管理事務所, 2千葉県自然保護課, 3長野県森林づくり推進課)

※随時更新
一覧に戻る 第24回日本野生動物医学会大会…
ページの先頭へ