業務報告書

平成25年度森林環境保全総合対策事業 報告書

2014年03月31日

平成25年度森林環境保全総合対策事業

-森林被害対策事業-

野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業報告書

現在、日本全国の森林生態系あるいは生物多様性がシカによって著しい影響を受けております。WMOでは、平成22年度より平成25年度にかけて、林野庁の「森林環境保全総合対策事業/森林被害対策事業/野生鳥獣による森林生態系への被害対策技術開発事業」の補助を受け、日本の森林の再生に向けて必要な技術の開発を進めてきました。
実施にあたっては、各地の大学、自治体の試験研究機関、民間団体の協力を得て、現状を評価するハザードマップ作成技術のほか、対策としての効果的な柵の設置技術および捕獲技術について、防除と復元に向けた技術開発を進めてきました。また、本事業の目的の一つは、どこの森林でも活用していただける技術として確立することにありますので、毎年の報告書をpdfで掲載させていただきます。また、最終の平成25年度報告書では、開発した技術を活用していただけるよう、分かりやすいマニュアルをつけました。参考にしていただければ幸いです。
=平成25年度PDFダウンロード
一括: (H25wmo_rinya_all.pdf :9.1MB)

・分割ダウンロード

分割ダウンロード1:(H25wmo_rinya_1.pdf : 2.6MB)
(目次)

1 本事業の経緯

2.共同開発した技術

3.平成25年度事業

(1)平成25年度事業の内容

(2)北海道森林管理局管内占冠村

(3)近畿中国森林管理局管内大杉谷

分割ダウンロード2:(H25wmo_rinya_2.pdf : 3.5MB)

3.平成25年度事業

(4)関東森林管理局管内赤城山

分割ダウンロード3:(H25wmo_rinya_3.pdf : 3.1MB)

・森林管理者が行うシカ対策の手引き
・食痕履歴法実施マニュアル(試作版)

平成25年度農林水産省補助事業… 一覧に戻る 平成24年度森林環境保全総合対…
ページの先頭へ