業務案内

解析

蓄積されていた試料やデータや、モニタリングで得られた結果を、適切な手法を用いて解析します。

階層ベイズモデルを用いた個体数推定(鳥獣全般)

鳥獣の捕獲数やモニタリングの結果などの複数条件と、それらの時間的な変化を考慮しながら、尤もらしい推定をおこなう統計手法です。特に都道府県域かそれ以上の広域での推定に適しており、環境省が全国のシカとイノシシの個体数推定をおこなった際にも用いられています。

意思決定支援システム(鳥獣全般)

行政が収集している各種情報を解析し、分かりやすい形で示すことで、意思決定の支援となる情報を提供するシステムです。

捕獲個体解析(鳥獣全般)

捕獲個体の生殖器を調べることで繁殖状況を把握したり、歯根部の年輪を数えることで年齢査定をおこないます。

遺伝的多様性の分析(鳥獣全般)

野生鳥獣から採取した試料を用いて、地域の遺伝的多様性を把握します。試料の種類や採取方法についてもご相談に乗ります。

 

交雑種の判別(外来種など)

外来種と在来種の交雑等について遺伝解析によって判定します。主にニホンザルと外来マカクの交雑状況の判定に用いられます。

ページの先頭へ