業務案内

捕獲

目的に合わせて様々な方法の捕獲を実施しています。

生体捕獲

麻酔銃等を用いて、シカやサルを捕獲します。主に、発信器やGPSのついた首輪を動物に装着する際に実施しており、個体へのダメージを最小限にすることで長期間の調査が可能となっています。

錯誤捕獲放獣対応

他の鳥獣を捕獲するためのわなに誤って捕獲されてしまったクマやカモシカを、麻酔により不動化し、適切な場所で放獣します。

 

わなによる効率的な捕獲

動物の種類や行動、現地の状況に応じて最適な方法を選択し、わなの作成や設置場所の選定、捕獲をおこないます。

銃器を用いた戦略的な捕獲(シャープシューティング)

  

選択的捕獲

悪質個体を識別・特定し効果的に被害を軽減する捕獲をおこないます。選択捕獲は保全や群れ動態への影響を抑えることができます。

市街地へ侵入した鳥獣の捕獲

市街地に侵入し、人身生活被害等の問題を発生させている個体を、わなや麻酔銃等を用いて捕獲します。

ページの先頭へ