研究員によるフォトブログ

Field Note バックナンバー

No.55

1997年07月発行

シリーズ野生動物の管理を考える
北海道の野生動物の保護管理ーエゾシカを中心にー(梶光一)
行政の立場から
「いま思うこと・・・・」(尾畑俊彦)
野生動物研究の現在
野生動物と遺伝子科学(釣賀一二三)
企画展東京のクマのご案内
一読者からWMOへのお願い(小林聡史)
新人討論会
WMO活動報告
コラム 親愛なるパートナーへ(岸本真弓)
挟み込み:サル追い上げボランティア募集!/第2回東中国クマ集会

No.54 特集・ハビタット

1997年04月発行

1997/4/5,WMOの現在(羽澄俊裕)
サルの暮らしと人の暮らし(井口基)
モンキーウォッチングのお知らせ
特集『ハビタット』
はじめに(白井啓)
ハビタット特集に寄せて(古林賢恒)
ニホンジカの増加と生息環境(小林雅人)
カモシカの生息環境(望月敬史)
山村とクマ(片山敦司)
都市近郊に生息するツキノワグマの生息環境(小山克)
森林とニホンザルと日本人(白井啓)
日本霊長類学会からのお知らせ
サルの生き方ー高山のサルの生活様式ー(泉山茂之)
市街地に進出したサル(岡野美佐夫)
里山のタヌキ(岸本真弓)
強制移動させられたヒキガエル(白井啓)
おわりに(白井啓)
桜と豚(岸本真弓)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.61,NO.1 JANUARY.1997
WMO活動報告
春のWMOこぼれ話
「カモシカの会静岡」紹介
第1回信州ツキノワグマシンポジウム開催
「うらばんだいあそび」創刊案内

No.53 特集・狩猟と有害鳥獣駆除

1997年01月発行

1997年元旦(羽澄俊裕)
特集「狩猟と有害鳥獣駆除」
巻頭言(岡野美佐夫)
大型哺乳類の狩猟数・有害駆除数の変化(濱崎伸一郎)
鳥獣保護法に理念の転換を求む(羽澄俊裕)
シカにおける狩猟と有害鳥獣駆除ーその問題点と理想的システムー(岸本真弓)
ヒグマ・ツキノワグマの狩猟と有害駆除(小山克)
最近のイノシシ猟(濱崎伸一郎)
ニホンザルの狩猟と有害鳥獣駆除(白井啓)
ニホンカモシカの有害駆除について(望月敬史)
狩猟の狩猟と農耕の狩猟(田口洋美)
台湾・高砂族とケモノとのかかわりあい(泉山茂之)
コロカリ紀行4 これでいいのかな?(2)(神山義徳)
表紙の言葉(小山克)
糞中ステロイドホルモン測定によるニホンジカの生殖内分泌動態の解明(山内貴義)
東北ニホンザルフォーラム(岡野美佐夫)
WMO活動報告
多摩動物公園イベントのご案内
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.60,NO.4 OCTOBER.1996
J OF W DISEASES VOL.32,NO.2 APRIL. 1996
VOL.32,NO.3JULY. 1996
新人紹介(植松美保)

No.52 特集・人も学ぶ、そして動物も学ぶ

1996年09月発行

坂の上の雲(羽澄俊裕)
特集『人も学ぶ、そして動物も学ぶ』によせて
小田原のサルの野生復帰計画(岡野美佐夫)
ガイドブック“神奈川のニホンザル”案内
ニホンザルへの餌付けの経緯と最近の動向(白井啓)
新人紹介(望月敬史)
ルールとマナー(岸本真弓)
X小屋での生ゴミ餌付けグマのリハビリ(泉山茂之)
イエローストーンに学ぶ(羽澄俊裕)
信州ツキノワグマ通信“号外”
カオヤイ国立公園の動物たち(望月敬史)
コロカリ紀行3 これでいいのかな?(1)(神山義徳)
ツキノワグマのいろいろを見て思ったことのほんの少し(山本かおり)
東北ニホンザルフォーラム「野生ニホンザルとの共存を考える」開催の御案内
「コリドー(回廊)フォーラム」に参加して(長縄今日子)
表紙の言葉「中秋のシカ」(濱崎伸一郎)
WMO活動報告
第1回東中国クマ集会報告書のご案内
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.60,NO.3 JULY. 1996
W SOCIETY BULLETIN VOL.24,NO.2 SUMMER 1996
J OF W DISEASES VOL.32,NO.1 JANUARY. 1996

No.51 特集・個体数調査

1996年06月発行

世紀末の梅雨の臭い(羽澄俊裕)
特集「個体数調査」
たかが(?)個体数、されど個体数
小さき者の立場(千々岩哲)
タヌキの道とヒトの道(岸本真弓)
ニホンザルの個体数調査法(岡野美佐夫)
ニホンカモシカの個体数について(望月敬史)
シカの生息数調査ージレンマー(濱崎伸一郎)
サウスルアングア国立公園での生態調査(鈴木和男)
上高地のタヌキ、チベットのイヌ(泉山茂之)
第1回東中国クマ集会を終えて(片山敦司)
お知らせ「第4回ツキノワグマ集会のご案内」
表紙の絵「ずらっと並んだサルの顔」(泉山茂之)
INDEX J OF W DISEASES VOL.31,NO.3 JULY. 1995
VOL.31,NO.4 OCTOBER. 1995
W SOCIETY BULLETIN VOL.24,NO.1 SPRING 1996
お知らせ「コリドー(回廊)フォーラム」
なぜクマの歯を抜くのでしょうか?(安武愛子)
WMO活動報告

No.50

1996年03月発行

春の予感(羽澄俊裕)
オーロラの下の人と動物ーシベリア(ロシア連邦サハ共和国)の狩猟活動ー(池田透)
多摩川のイタチ(藤井猛)
日本ツキノワグマ集会が目指すもの(藤村正樹)
野生動物のためにできることー丹沢の大型獣ー(羽澄俊裕)
肩の力をぬいて(岸本真弓)
モンタナに学ぶ(8)-自然域に於ける保護管理のシステム(5)(熊谷嘉隆)
California introduce animalーFeral Pig & Ferretー(神山義徳)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.60,NO.1 JANUARY. 1996
J OF W DISEASES VOL.31,NO.2 APRIL. 1995
バーモント州の猛禽類保護センター(千々岩哲)
ネパール アンナプルナ山麓のアカゲサルについて(高橋誠)
クジラが帰ってくる島(春田亜紀)
WMO活動報告
海外研修報告 第10回国際クマ会議研修報告III
DENALI NATIONAL PARK訪問(小山克)

No.49

1996年01月発行

夢を語ろうか(羽澄俊裕)
特集 冬の動物たち
奥日光のシカたち・・・冬(本間和敬)
キムンカムイたちの冬(山中正実)
サルの冬越し(岡野美佐夫)
タヌキのひなたぼっこ(岸本真弓)
一冬眠研究者の不安と希望(近藤宣昭)
モンタナに学ぶ(7)-自然域に於ける保護管理のシステム(4)(熊谷嘉隆)
コロカリ紀行2 Mountain Lion(神山義徳)
三宅島のイタチ(上杉哲雄)
フンコレクター(岸本真弓)
北アルプス南部地域でのツキノワグマを保護するための活動(泉山茂之)
丹沢山塊ー1995年晩秋ー(小山克)
「東中国クマ集会」を開催するに当って(藤本光博)
’95西中国山地ツキノワグマフォーラムに参加して(羽澄俊裕)
海外研修報告 第10回国際クマ会議参加研修報告II
会議の内容と状況(片山敦司)
WMO活動報告
「東京の野生動物 ニホンザル展」(白井啓)

No.48

1995年10月発行

日本の山(羽澄俊裕)
ニホンジカによる被害と駆除(大井徹)
「メスジカ狩猟獣化」の問題点(その2)ー管理体制の問題点ー(濱崎伸一郎)
ある日の丹沢にて(羽太博樹)
日光のニホンザル(今木洋大)
コロカリ紀行I PATROL(神山義徳)
California introduce animalーBeaver&Opossumー(神山義徳)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.59,NO.3 JULY. 1995
W SOCIETY BULLETIN VOL.23,NO.1 SPRING 1995
J OF W DISEASES VOL.31,NO.1 JANUARY. 1995
けものけのなか 宝山に剖けいる けものけのなか事始(岸本真弓)
タイ旅行記 イチロ、タイ「変わらなきゃ」(春田亜紀)
賑やかな夜の訪れ(千々岩哲)
海外研修報告 第10回国際クマ会議研修報告I
モンタナ州‘Matoson’s Laboratory’訪問(安武愛子)
WMO活動報告

No.47

1995年07月発行

空しい気持ち(羽澄俊裕)
上高地のニホンカモシカ(望月敬史)
風の精イヌワシ(須藤一成)
氷ノ山クマだより(その1)(片山敦司)
神奈川県丹沢のツキノワグマの生息環境あれこれ(小山克)
アザラシの棲む岬から(赤石朋子)
アリューシャン列島の動物たち(2)アリューシャンの海獣たち(泉山茂之)
モンタナに学ぶ(6)-自然域に於ける保護管理のシステム(3)(熊谷嘉隆)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.59,NO.1 JAN. 1995
W SOCIETY BULLETIN VOL.22,NO.4 WINTER 1994
けものけのなか 光る目(岸本真弓)
ツキノワグマ被害のシーン(板垣悟)
野生動物は訴える?(森野熊男)
南関東ニホンザル調査・連絡会発足(白井啓)
WMO活動報告
新人紹介 ハッチョウトンボのような・・・(小林雅人)

No.46

1995年04月発行

選挙「スジ通せや!!」(羽澄俊裕)
アリューシャン列島の動物たち(1)ユニマク島旅行記(泉山茂之)
モンタナに学ぶ(5)-自然域に於ける保護管理のシステム(2)(熊谷嘉隆)
ポンッ 春ですよぉ!!(春田亜紀)
春・福寿草(矢部藤子)
カタクリ(高槻成紀)
奄美のサシバ(梅田優子)
動物達の春の衣替え(岸本真弓)
丹沢クマフン闘記(長縄今日子)
市民参加の自然調査(木下あけみ)
INDEX J OF W DISEASES VOL.30,NO.4 OCTOBER. 1994
ハレコアの恍惚(楽田みさ子)
環境ネットワーク奄美(梅田優子
あと一歩(松田勝稔)
しつこいようですが「餌付け問題」(岸本真弓)
WMO活動報告

No.45

1995年01月発行

1995年、年頭所感(羽澄俊裕)
北アルプス南部地区でのツキノワグマの保護に関する活動経過(泉山茂之)
動物達への心(千々岩哲)
国際感覚を身につける(羽澄俊裕)
第21回IUGB会議に参加して(赤坂猛)
第6回国際哺乳類学会に出席して(山田文雄)
Symposium on The Trade of Bear Parts for Medical Use参加報告(熊生豊森)
国際クマ会議と東アジアクマ会議発足の経緯について(野崎英吉)
ヌルマタ沢流域の自然を考える会設立のお知らせ
丹沢クマふん闘記(長縄今日子)
お知恵拝借(秋山守)
モンタナに学ぶ(4)-自然域に於ける保護管理のシステム-(熊谷嘉隆)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.58,NO.4 OCTOBER. 1994
W SOCIETY BULLETIN VOL.22,NO.3 FALL 1994
WMO活動報告

No.44

1994年10月発行

自然保護はバトルである(羽澄俊裕)
小田原サル追い上げ・追い払いプロジェクト(春田亜紀)
神奈川県西部のニホンザルの生息状況(岡野美佐夫)
追い上げ・追い払い・追い払いボランティアについて(岡野美佐夫)
小田原の野猿対策とその歴史(瀬戸秀一)
猿に提言(秋山守)
片浦地区野猿追い上げ活動実施と今後の対応策の提案(山室泰道)
サルの追い上げを通じて私の思った事、感じた事(河井孝介)
おサルのひとりごと(中澤真琴)
猿害防除の問題点について(白井啓)
<追い上げ><追い払い>を終えて(岡野美佐夫)
モンタナに学ぶ(3)(熊谷嘉隆)
熊に会う夏(中村泰之)
丹沢クマふん闘記-初秋-(長縄今日子)
フィンランドのタヌキ(2)&フィンランド研修報告(岸本真弓)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.58,NO.3 JULY. 1994
W SOCIETY BULLETIN VOL.22,NO.2 SUMMER 1994
J OF W DISEASES VOL.30,NO.3 JULY. 1994
WMO活動報告

No.43

1994年06月発行

梅雨(羽澄俊裕)
「メスジカ狩猟獣化」の問題点(その1)-期待される効力と危険性-(濱崎伸一郎)
ぽんぽこ始まる(岸本真弓)
したたかなタヌキの挑戦(野柴木洋)
タヌキ回想(福江佑子)
タヌキを追う女(岸本真弓)
個体愛護から共存へ-タヌキを出発点として-(手塚仁美)
フィンランドのタヌキ(1)(岸本真弓)
モンタナに学ぶ(2)(熊谷嘉隆)
オ-ストラリア研修報告(3)(岸本真弓)
丹沢クマふん闘記(長縄今日子)
夢の架け橋(春田亜紀)
日本林学会参加報告-林の学ぶ-(千々岩哲)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.58,NO.2 APRIL. 1994
J OF W DISEASES VOL.30,NO.2 APRIL. 1994
WMO活動報告
新人紹介 「一応」新入社員です(片山敦司) ・出逢いの中で(千々岩哲)

No.42

1994年03月発行

年度末のぐうたら(羽澄俊裕)
「国栄えて山河なし・・・」(岡野美佐夫)
サルたちの夢、そして人間の夢(楡ノ木太郎)
新聞から(碓氷峠サル会議)
招き猫(春田亜紀)
最近の世界の野生生物保護事情(小林聡史)
モンタナで学ぶ(熊谷嘉隆)
とある町の白い学舎で(千々岩哲)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.58,NO.1 JANUARY. 1994
W SOCIETY BULLETIN VOL.21,NO.4 WINTER 1994
VOL.22,NO.1 SPRING 1994
J OF W DISEASES VOL.30,NO.1 JANUARY. 1994
オーストラリア研修報告(2)(岸本真弓)
公聴会参加報告 鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律一部改正(春田亜紀)
WMO活動報告

No.41

1993年12月発行

年の暮れ(羽澄俊裕)
氷河時代を生き抜いたニホンザル(泉山茂之)
ヒトもクマも(春田亜紀)
下北半島のツキノワグマ(森治)
遠野通い(赤塚謙一)
日光のツキノワグマ“太郎”(手塚牧人)
クマと人間のエンカウンター(山崎晃司)
中学生が立ちあがった!!(春田亜紀)
和歌山県内の月の輪熊ー出没と保護対策についてー(東山省三・羽澄俊裕)
動物園へ行こう(村井仁志)
オーストラリア研修報告(1)(岸本真弓)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.57,NO.4 OCTOBER. 1993
W SOCIETY BULLETIN VOL.21,NO.3 FALL 1993
J OF W DISEASES VOL.29,NO.4,OCTOBER 1993
活動報告

No.40 特集・猿害

1993年09月発行

遠い記憶(羽澄 俊裕)
グリズリーの楽園ーカトマイ国立公園ー(坪田 敏男)
モンキーバスターズ(春田 亜紀)
猿害対策について(東 英生)
猿害の増加に思うこと(北村 宗一)
福井県嶺南地方におけるニホンザルの生息状況と特徴(高木 直樹)
サルと友人の出会い(井上 助博)
七ヶ宿のおはなし(中野 真樹子)
餌付けと猿害(岡野 美佐夫)
「猿の惑星」に学ぶ(白井 啓)
そういや、きっかけは亜紀ちゃんだったんだ(高橋 真希)
ツキノワグマ集会に参加してー自分なりに、女性なりにー(長縄 今日子)
現況研究会(白井 啓)
第9回日本霊長類学会学術大会参加報告(白井 啓)
WMO活動報告
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.57,NO.3 JULY. 1993
W SOCIETY BULLETIN VOL.21,NO.2 SUMMER 1993
J OF W DISEASES VOL.29,NO.2 APRIL. 1993
VOL.29,NO.3 JULY. 1993
ニュース『打梨クマだより』(米田 一彦)

No.39 特集・ラムサール条約

1993年06月発行

自然保護運動の改革(羽澄 俊裕)
野生動物保護管理の現場における獣医学の応用(濱崎 伸一郎)
苫小牧沖でおきた水鳥の油汚染に思う(隅田 賢峰)
神奈川県野生鳥獣危被害対策協議会(岡野 美佐夫)
新聞から
結婚の儀 in Tokyo、ラムサール条約締約国会議 in Kushiro(春田 亜紀)
ラムサール条約における‘Wise Use’の概念とその歩み(安武 愛子)
『豊葦原の瑞穂の国』の“Wise Use”(春田 亜紀)
自然を売り買いしないこと(東 玲子)
ラムサール会議を終えて(小林 聡史)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.57,NO.2 APRIL. 1993
W SOCIETY BULLETIN VOL.21,NO.1 SPRING 1993
J OF W DISEASES VOL.28,NO.4 OCTOBER. 1992
VOL.29,NO.1 JANUARY. 1993
タヌキ大明神(その3)-だからやめられないー(岸本 真弓)
WMO活動報告
私の自己紹介(小山 克)
お知らせ / 表紙の絵 エルモンヒラタカゲロウ(岸本 真弓)

No.38 特集・丹沢

1993年03月発行

ジャーナリズムの罪(羽澄 俊裕)
真っ赤な血潮の語るもの(岸本 真弓)
丹沢(春田 亜紀・ 中村 道也)
自然とつきあうこと(古林 賢恒)
丹沢の野生動物(ニホンジカ、ニホンザル、ツキノワグマ)
ニホンジカー丹沢のシカは、今ー(皆川 康雄)
ニホンザルー東丹沢のニホンザルー(引地 宏二)
ツキノワグマー生息環境についてー(羽澄 俊裕)
遠い昔の物語(永田 幸志)
私の中の丹沢(皆川 康雄)
野生動物サーベイランスシステムの確立を目指して(羽山 伸一)
ラムサール便り(その4)CAMARGUEーカマルグー(安武 愛子)
クラブ員の声 アラスカのオオカミ(平位 真樹子)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.57,NO.1 JANUARY.1993
J OF W DISEASES VOL.28,NO.3 JULY.1992
タヌキ大明神(その2)ー継続は力なりー(岸本 真弓)
月夜に魅せられてー大楠山タヌキ調査活動報告番外編ー(佐久間 仁美)
WMO活動報告

No.37 特集・学会

1992年12月発行

変革(羽澄 俊裕)
ラムサール条約便り(その3)(小林 聡史)
『がっかい』(春田 亜紀)
日本哺乳類学会自由集会「ニホンジカの生態と生理をめぐって」
世話人、そして生理/解剖屋としての印象記(鈴木 正嗣)
日本哺乳類学会発表報告
日本哺乳類学会シンポジウム
「大型哺乳類の保護管理学」のねらいなど(間野 勉)
日本哺乳類学会1992年度大会に参加して(田中 剛)
日本獣医学会報告
日本獣医学会ワークショップ「野生動物と獣医学」(岸本 真弓)
日本獣医学会参加報告(ワークショップ「野生動物と獣医学」に出席して)(皆川 康雄)
中国語でニホンカモシカは?(足立 高行)
タヌキ大明神(その1)ー出会いー(岸本 真弓)
INDEX J OF W MANAGEMENT VOL.56,NO.3,JULY 1992
VOL.56,NO.4,OCTOBER 1992
W SOCIETY BULLETIN VOL.20,NO.2,SUMMER 1992
VOL.20,NO.3,FALL 1992
J OF W DISEASES VOL.28,NO.2 APRIL 1992

No.36 特集・クマ

1992年09月発行

仲秋の名月(羽澄 俊裕)
ラムサール条約便り(その2)(小林 聡史)
マサイ・マラ動物保護区の現状とエコツーリズム(神戸 俊平)
クマ野郎達(春田 亜紀)
ヒグマとの共存、たやすくないその道程(山中 正実)
Denali National Parkでのクマの研究と保護管理(坪田 敏男)
東京大学秩父演習林におけるツキノワグマの調査(石田 健)
行きはよいよい、帰りは恐い(岸本 真弓)
岩手県ツキノワグマ研究会(赤塚 謙一)
白川村のツキノワグマ調査ーこの数ヶ月ー(小松 武志)
「どこのクマがしあわせか・・・」(小山 克)
志楽渓の岩小屋ー後編ー(楡ノ木 太郎)
ニホンコテングコウモリの捕獲記録(手塚 牧人)
WMO活動報告
清里便り(近野 春江)

ページの先頭へ