研究員によるフォトブログ

No.410 牛山羊羊馬鹿

2022年06月24日

海老原寛

獣害防止のために、農地周辺の「下刈り」をしましょうとはいいつつ、やっぱり労力は大きい。そこで最近、ヤギやウシに草刈りをしてもらう「舌刈り」活動が増えている。地域を回っていると、私もヤギやウシやヒツジをときどき見かけるが、どいつが一番舌刈り効果的なのだろう?ちょこっと調べてみると、ウシは木本の葉を食べないために、残ってしまう木が多いらしい。その意味では、木の葉を食べる上に樹皮まで食べて枯らせてしまうヤギの方が、全体の草量は減るらしい。ただ、ウシの方が踏み荒らしによるワラビなどの不嗜好性植物を減少させる効果は大きいようだ。じゃあ、ヒツジは?ウマは?シカは?
結局、一番可愛いと思うやつでいいんじゃないかなと。草が減るだけでなく、心も癒されて笑顔になったら、人の目も横長になりますね。

一覧に戻る No.409 親の心・・・
ページの先頭へ