研究員によるフォトブログ

No.449 日不見

2024年03月29日

海老原寛

 

私の中でヒミズのイメージは、「突然道で死んでるやつ」というイメージが強いが、皆さんもそうではないだろうか。私たちが起きている時間には、その名の通り日不見は出てきづらく、動いている姿がよく見られるわけでもない。私も動いている姿は見たことがなかったのだが、この前初めて生きている姿を見た。とても忙しない。こんなに動くくせに、十分なエネルギーは確保できるのだろうか。土に潜らないのに、こんな地表面にどれほどのミミズがいるのだろうか。たった一瞬の出会いだったが、生きている姿を見ると、いろいろと考えさせられた。

 

一覧に戻る No.448 山の砂利沢に魚を…
ページの先頭へ