研究員によるフォトブログ

No.367 内なるもの

2020年10月12日

海田明裕

山を歩いていたら足元に何かあまり見たことのないきらめき。
よく見るとヤマナメクジが2匹絡み合っている。

ナメクジの仲間は雌雄同体。
個体に雌雄の別はなく
一個体の中にオスの部分とメスの部分が同居している。
精子を交換し双方卵を産む。

でも、そんな理屈はどうでもいい。

なんと美しい内側!

透明感のある淡いブルーのグラデーション。
上品な和菓子のよう。

茶色系一辺倒の地味な外観からは
想像もつかない色彩の中身!

しばし見入る。

別に見せるためにあるのではないだろうに
なんでこんなに綺麗な色。

意味などない。なににでも意味があると思ったら大間違い!
所詮、反射する光の周波数とお前の網膜の気まぐれだ、とどこかの神様は言うだろうか。
でも、本当に意味もないのにこんな色なのか。

ヤマナメクジ達。君ら自身にはどう見えているの?

一覧に戻る No.366 価値観
ページの先頭へ