» No.194 私はアオサギよりの子供だった|野生動物保護管理事務所(WMO) – シカ・クマ・サル・外来種の調査

研究員によるフォトブログ

No.194 私はアオサギよりの子供だった

2014年05月07日

海老原 寛
ある日、ダイサギとアオサギがごく近い距離で並んでいるのを見つけた。
2羽とも獲物が来るのをじっと待ち構えている。しかし、10分経っても獲物は現れないようだ。それでも辛抱強く待つダイサギと対照的に、アオサギはきょろきょろそわそわ。ついには、写真左に向かって歩き出してしまった。そのとき、ダイサギが獲物を見つけてパクッ!歩き始めていたアオサギはギョっと振り返る。くやしいアオサギはダイサギの獲物を横取りしようとするが奪えず、ダイサギは飛び立ってしまった。アオサギは先ほどまでダイサギが立っていた場所に立ち、獲物を待つのであった。今度は捕まえるまで耐えることができるのだろうか。
20140507_aosagi

20140507_aosagi.JPG

No.195 クマさんありがと… 一覧に戻る No.193 噛み合わせ検査シ…
ページの先頭へ