研究員によるフォトブログ

No.329 避難小屋での調査

2019年05月30日
森 洋佑

「まさか、また読めるとは思わなかった―」という帯の言葉通り、15年ぶりの再開でした。
シリーズの6作目を読んだのは手持ち無沙汰で煩悶していた病院のベッドの上。人生初の骨折での入院中でした。「次はどうなる」とハラハラしながら本を閉じたのを覚えています。
今回読んだのは7作目。前6作と同じく潜り込むような面白さでした。文学の謎解きフィールドワークです。
我々は動物の謎解きフィールドワーカーですが、文学の冒険もスリリングで奥が深いです。
所収の短編にも胸キュン。一度、息を整えるために本を閉じたり。
そんな調査の合間の昼下がり。

前置きが長くなってしまいましたが、WMOでは寝袋、食料、クッカーを持ち込み、無人の避難小屋に泊まり込んでの調査もあります。スマホ電波がないので本を相棒に至福の時間を過ごせます。

一覧に戻る No.328 井の中の貂
ページの先頭へ