» No.298 このフン誰の?|野生動物保護管理事務所(WMO) – シカ・クマ・サル・外来種の調査

研究員によるフォトブログ

No.298 このフン誰の?

2018年05月24日

海田明裕

まずは写真の糞をご覧いただきたい。
哺乳類にある程度関心がある方ならおそらく
「シカの糞」かな、と思われると思う。

パラパラとばら撒かれた俵型のフンはいかにも典型的なシカの糞である。

しかし、この糞をした主(ぬし)は、2枚目の写真に写る動物です。
ヒツジ。観光牧場の中での風景です。

この環境で見なければなんの疑いもなくシカの糞として記録していたであろうと思われます。もちろん通常の調査地においてヒツジがフラフラしている可能性はほぼないのですが、本当に万に一つも絶対にないのか?
お前は本当に知っているのか?木を見て森を見ず。過信は禁物。いろんな言葉が浮かびます。

くれぐれもヒツジが日本の野に放たれることがありませんように。
ちなみにヤギの糞もほぼ同じ見た目でありました…。

 

No.299 小さな島の赤と白 一覧に戻る No.297 山の(お)ことわ…
ページの先頭へ