» No.175 もよおすところ|野生動物保護管理事務所(WMO) – シカ・クマ・サル・外来種の調査

研究員によるフォトブログ

No.175 もよおすところ

2012年11月11日

岸本 真弓
20121111_moyoosutokoro
 痕跡は、そこに棲む動物たちの生きる証拠であり、彼らの生きざまを想像させてくれる貴重なヒント。糞は、山歩きで最も目につく痕跡だ。
 写真はテンやイタチとおぼしきイタチ科の糞。イタチ科は、なんだか目立つところによく糞をする。何かの上にしてあると分解が遅い可能性があるにしても、なんでもない地表面より、けっこう主張を感じるところに多いと思う。
 写真左上は大きな葉っぱの上。右上は三角点石柱の上。左下はプラスチック杭の根元。右下はなぜか落ちていた靴下の上。ここに我有り、あるいは、ここは自分のもの、とばかりに糞がある。テンたちの真意はどこにあるのだろう。ただ、もよおしただけ?

20121111_moyoosutokoro.JPG

No.176 屋久島のサルとシ… 一覧に戻る No.174 DOR
ページの先頭へ