研究員によるフォトブログ

No.341 至仏山百景

2019年11月07日

森洋佑

ここ数年、毎年調査で尾瀬に行っています。ときには数週間に及ぶ長い調査もあります。そんな尾瀬滞在中には、思いもよらない絶景に出会うことがあります。ただでさえ、尾瀬はどこを切り取っても絵になる風景が広がっています。「ああ、私の足を止めないでくれ~」とぼやきつつ、シャッターを切ってしまいます。(注:調査はしっかりやっています)
そんな写真の中から至仏山に焦点を当てて、何枚かピックアップしてみました。


明けの明星と至仏山(5月・東電小屋付近)
調査に出発する早朝、朝焼けに染まる至仏山の上に金星が輝いていました。


至仏山(5月・見晴付近)
朝の調査を終えて宿に戻る途中です。至仏山の上にたなびく雲の形が綺麗でした。


朝靄の至仏山(6月・竜宮小屋付近)
霞のかかった朝でした。霧の向こうに至仏山のシルエットが浮かんでいました。


レンゲツツジと至仏山(6月・竜宮小屋付近)
この年はレンゲツツジが満開でした。尾瀬の景色を代表するヤマドリゼンマイと一緒に。


逆さ至仏山(6月・牛首付近)
風のない日でした。池塘が鏡のように至仏山を写し込んでいました。


ワタスゲと至仏山(7月・ヨッピ吊橋付近)
この年はワタスゲが満開でした。手前にワタスゲ、奥に至仏山です。


夕焼けの至仏山(6月・東電小屋付近)
山小屋の人も「今年一番」と言っていた夕焼けです。刻々と移りゆく朱色が綺麗でした。

一覧に戻る No.340 不都合な真実
ページの先頭へ