研究員によるフォトブログ

Field Note 公開記事

No.113 ニホンザルの群れ生息分布推定法の開発

2012年01月発行

ニホンザルの群れ生息分布推定法の開発 清野 紘典・岡野 美佐夫・岸本 真弓(WMO) コストパフォーマンスが良いサル生息調査方法があれば・・ ニホンザルの保護管理計画を策定するにあたり、群れの生息状況は基礎的な情報として必要である。特定計画のモニタリング調査として過去に実施されてきた生息分布調査は、主にアンケート方式によってメッシュ図等で地域的な生息分布を把握する方法、あるいはサルを生体捕獲し、ラジオテレメトリー法によって群れ別に行動圏を明らかにして群れの分布を図化する方法である。前者は、簡便であるが群れ別の行動圏…

「No.113 ニホンザルの群れ…」の続きを読む>>

No.112 欧州視察-イギリス ニューフォレスト国立公園-

2011年10月発行

欧州視察 -イギリス ニューフォレスト国立公園-  湯浅 卓(WMO)       フィールドノートNo.110で山田氏から報告があったとおり、欧州における森林管理とシカ管理について学ぶため、2010年9月にドイツとイギリスの視察を行ってきました。早いものであっという間に1年が過ぎてしまいましたが、記憶をたどりつつ、イギリスのニューフォレスト国立公園のシカ管理について報告したいと思います。現地では、日本語でも通訳していただいたものの、一部は英語、一部は日本語での説明をあわててメモしていたため、数字など不確…

「No.112 欧州視察-イギリ…」の続きを読む>>

No.111 厠のタヌキ

2011年07月発行

厠のタヌキ   岸本 真弓(WMO)    タヌキのタメ糞ではなく、タメ糞場のタヌキを見ることができた。   6月11日22時45分46秒 首を左右にこまかくふり、ふん、ふんとうなずくように地面につけた鼻をうごかしながら、落ち葉を踏みしめスタスタ歩いてくる。 突然前足を突っ張り、後ろ足をやや前において、踵と膝をおりまげ腰を下げ、尾を持ち上げる。ちょっと足下がよくなかったか、後ろ足を微妙に置きかえた。 今日の糞はややゆるい。水様性とまではいかないが、水分含量が多くじゅるじゅると出る。無防備な状態だからか、耳…

「No.111 厠のタヌキ」の続きを読む>>

No.110 欧州視察 ~ドイツTuebingen~

2011年04月発行

欧州視察 ~ドイツTuebingen~ 山田 雄作 ( WMO )       はじめに 昨年9月、欧州におけるシカや森林管理について学ぶためドイツとイギリスの視察を行ってきました。移動日を含めると合計10日間を以下の日程で行いました。   訪問日程(ドイツ) 1日目(9/12) 成田空港出発-ドイツStuttgart空港到着 2日目(9/13) Baden-Württemberg州の食糧庁へ訪問後、Freiburgへ移動 3日目(9/14) Freiburg政府訪問後、Schluchsee(黒い森)へ 4日目(9…

「No.110 欧州視察 ~ドイ…」の続きを読む>>

No.109 奥山放獣の成否に関わる要因

2011年01月発行

奥山放獣の成否に関わる要因   金子 文大(WMO)   昨年2010年は、西日本において、2004年と2006年の大量出没を上回る規模のツキノワグマ (Ursus thibetanus) 大量出没が起き、各地で農作物被害や人身被害といった被害が多数報告された。一方において、ツキノワグマは特定鳥獣保護管理計画により地域個体群の長期にわたる安定的維持の必要性が求められており、非致死的な手段による被害対策が必要となっている。こういった状況の中で、西日本の各県においては、被害対策あるいは錯誤捕獲で捕まったクマを…

「No.109 奥山放獣の成否に…」の続きを読む>>

No.108 イノシシとの戦い

2010年10月発行

イノシシとの戦い   山元 得江(WMO) ニホンジカの調査を行うために、香川県の小豆島を訪れたことがあった。小豆島は香川県と岡山県の間の瀬戸内海に浮かぶ島で、面積は約153km2、海岸の延長は約126kmの島である。 調査では、山中を歩きながら糞粒調査や植生調査を行っていくのだが、尾根を下っていくと、直径40~70cmほどの大きさの石が高さ1~1.5mほども積み上げられている場所に行き着いた(写真1)。写真の左側に緑の棒の上下に黄色の印が付いていて、その間がちょうど1mなので、石組みの高さが分かると思う。そのシシ…

「No.108 イノシシとの戦い」の続きを読む>>

No.107 犬猿の仲

2010年07月発行

犬猿の仲 岡野 美佐夫(WMO)    「犬猿の仲」とは、言うまでもなく仲が悪いことのたとえですが、フィールドでサルとイヌが出会う場面を見ると、イヌが追い、サルが逃げるケースがほとんどで、仲が悪いというより、優劣は一目瞭然です。林から離れた場所でイヌに出会うと、サルは林に向かってまっしぐらに走って木にあがるか、あるいは近くにある木の上にとりあえず逃げます。サルが地面でイヌと対峙してやりあう姿はなかなか見かけません。地上ではイヌの方が走るスピードが速く身のこなしが敏捷なので、サルは太刀打ちできないことをわか…

「No.107 犬猿の仲」の続きを読む>>

No.106 道なき道のGPSテレメトリー

2010年04月発行

道なき道のGPSテレメトリー 濱崎 伸一郎(WMO)   八木式アンテナと受信機を担いで、電波発信器を装着したシカやカモシカを追跡していたのも今は昔。これまで本誌やホームページでも紹介しているが、WMOでも十年ほど前から野生動物の行動追跡に、全地球測位システム(Global Positioning System)を利用したGPSテレメトリー首輪(GPS首輪)を使用しはじめている。十数年前、かつての同僚であった手塚牧人氏、神山義徳氏とともに、栃木県足尾地域におけるシカとカモシカの行動を把握するため、夜を徹し…

「No.106 道なき道のGPS…」の続きを読む>>

No.105 「日本哺乳類学会2009年度台北大会」参加報告

2010年01月発行

「日本哺乳類学会2009年度台北大会」参加報告   白井 啓(WMO)    2009年11月21日から24日に開催された今年度の日本哺乳類学会は、なんと台湾での開催でした。町も会場も食べ物も人もサルもすばらしく、参加できて感謝(台湾語も同じ)です。台北の中心地は一見、日本国内と変わりませんでしたし、行きかう人々も外見だけでは台湾人、日本人など国籍がわからず会話が聞こえて「この人は日本人だったんだ」とやっと気がつくほどでした。しかし夜市や郊外では、アジアの雰囲気が充満していました(誌面の都合上、詳しく書け…

「No.105 「日本哺乳類学会…」の続きを読む>>

No.104 自然保護地域における野生動物の保護管理(前編)

2009年10月発行

自然保護地域における野生動物の保護管理(前編) 片山敦司(WMO) はじめに 2009年9月19日午前2時半頃、岐阜県高山市丹生川町の乗鞍バスターミナルで9名の男女がツキノワグマにより重軽傷を負った。ツキノワグマによる人身事故としては異例の負傷者数となったことから、全国的にも大きなニュースとなったことは記憶に新しいところである。 大きな事故となった原因については、マスコミや専門家による調査が行われているが、現時点で得られる情報からは「不幸な巡り合わせの連鎖」であったという見方もできる。最初にクマに遭遇した登山者の動…

「No.104 自然保護地域にお…」の続きを読む>>

No.103 サルたちの日常

2009年07月発行

サルたちの日常   川村 輝(WMO)    私はニホンザルの調査に関わることが多く、サルたちの様々な姿を垣間見ることができる。思わず人間の子供の行動に重なって見えてしまうものや、なぜそんな?と思うようなものなど様々だ。その中でも記憶に残る行動をいくつか紹介しようと思う。被害拡大など問題視されることの多いサルだが、ここでは少しサルたちと目線を近くしてサル達から見える景色を感じていただけたらと思う。 ●サル達の食べ物あれこれ ・蛾 道端に大きな蛾がとまっている。羽を広げると15cmぐらいだろうか。そこへ1頭…

「No.103 サルたちの日常」の続きを読む>>

No102 同じ穴のムジナ?

2009年04月発行

同じ穴のムジナ?   岡野 美佐夫(WMO)   Wikipediaでムジナ(狢)を引くと、「主にアナグマのことを指す。地方によってはタヌキやハクビシンを指したり、これらの種をはっきり区別することなくまとめて指している場合もある。」と出る。アナグマとタヌキをまとめて(あるいは混同して)ムジナと呼ぶのは知っていたが、ハクビシンもその仲間に入れられていたとは知らなかった。Wikipediaに出ているということは一般に広く認められていることがらなのだろうか。ハクビシンは外来種と考えるのが普通であるが、江戸時代に…

「No102 同じ穴のムジナ?」の続きを読む>>

No.101クマ類の出没メカニズムに関する国際ワークショップの参加報告

2009年01月発行

クマ類の出没メカニズムに関する国際ワークショップの参加報告   湯浅 卓(WMO)      昨年11月、紅葉シーズン真っ只中で国内外からの観光客でごった返す京都にて、(独)森林総合研究所の主催により、クマ類の出没メカニズムに関する国際ワークショップが2日間に渡って開催された。このワークショップは、2004年や2006年に日本各地で見られた、クマ類の里(人間の居住地)への大量出没を受けて、出没のメカニズムや非致死的な被害の防止法に関する研究推進のための研究交流・研究成果の報告を目的としていた。また、日本で…

「No.101クマ類の出没メカニ…」の続きを読む>>

No.100 Wildlife Managementの25年

2008年10月発行

Wildlife Managementの25年 濱崎 伸一郎(WMO) 25年前の1983年、私は東京農工大学の環境保護学科から獣医学科に再入学し、3年目の大学生活を迎えていた。環境保護学科在籍時には丸山直樹先生の研究室に出入りし、下っ端調査員として栃木県日光のクマやシカの調査を手伝っていたが、その現場で調査をリードしていたのが現WMO代表の羽澄俊裕氏であり、クマやシカの捕獲時にどこからともなく現れ、見事な麻酔使いの技を披露していたのが創立者の一人である東英生氏であった。 1983年に野生動物保護管理事務所(WMO…

「No.100 Wildlife…」の続きを読む>>

No.100WMOのあゆみ

2008年10月発行

WMOのあゆみ WMO代表 羽澄 俊裕 おかげさまで、私どもの機関誌「フィールドノート」が100号を迎えることになりました。25年という長きにわたり支えてくださった読者の皆様には、心から御礼申し上げます。この間、日本の社会情勢もずいぶんと様変わりして、野生動物の保護のありようについても大きく異なってまいりました。私どもWMOもそうした時代の変化に柔軟に対応してきましたが、そのときどきに何を思い、ここまで歩んできたのか、反省をふまえつつ振り返り、新たな出発の機会としたいと思います。 はじまり いまから25年前、私と初…

「No.100WMOのあゆみ」の続きを読む>>

No.99 青海・チベット高原でのチルーの生態調査参加雑記

2008年07月発行

青海・チベット高原でのチルーの生態調査参加雑記 姜 兆文(WMO)  2007年8月17日から8月28日まで、念願の中国青海・チベット高原でチルー(Chiru、Pontholops hodgsoni)の調査に参加した。チルーは中国特有の偶蹄目ウシ科の動物で国家一級保護動物に指定され、ワシントン条約でも絶滅危惧種として保護されている。また、北京オリンピックのマスコットのモチーフにもなっている。標高4000m級の高原地域で生息するため、詳しい生態や生息数はわからない。オスの角は真直ぐ空に指す、長さは70cmに達する。1…

「No.99 青海・チベット高原…」の続きを読む>>

No.98クマ類の錯誤捕獲の防止の取り組みとその評価

2008年04月発行

クマ類の錯誤捕獲の防止の取り組みとその評価 片山 敦司(WMO) 平成19年1月29日環境省令第3号により、鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則等の改正が示された。改正内容には『くくりわな』の使用に関する制限が盛り込まれた。すなわち、くくりわなを用いる場合、輪の直径が12cmを超えるもの、締付け防止金具が装着されていないものの使用が禁じられ、イノシシ及びニホンジカの捕獲を行う目的の場合は、よりもどしが装着されていないもの又はワイヤーの直径が4mm未満であるものは使用が禁止された。本施行規則は平成19年4月…

「No.98クマ類の錯誤捕獲の防…」の続きを読む>>

No.97ネズミに思いをはせよう!

2008年01月発行

ネズミに思いをはせよう! 山元 得江(WMO)  明けましておめでとうございます。今年は「子年」ですね。年男、年女の方もいらっしゃると思います。ネズミは私たちの生活に密着しているものから、あまり関与しないものまで幅広く存在します。ネズミが人間にとって身近な存在であったのは昔からのようで、このことは古来より伝わる言い伝えや風習、諺など様々な分野でネズミが登場することからも伺えます。一方で、私たちが普段は目にできないネズミ、森林棲の野ネズミの生態はまだまだ解明されていないことがたくさんあります。今回は、今年の十二支であ…

「No.97ネズミに思いをはせよ…」の続きを読む>>

No.96 NZの空港検疫を体験して

2007年10月発行

NEW ZEALANDの空港検疫を体験して 佐伯 真美(WMO)   入社前の話になりますが、昨年3月にニュージーランドに行きました。今回はその時、体験したニュージーランド(以下、NZ)の空港検疫について書かせていただこうと思います。  NZという国名を聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?先住民のマオリ族?飛べない鳥のキウィ?NZの国技であるラグビー?映画「ラストサムライ」や「ロード・オブ・ザ・リング」などの撮影地?世界一の散歩道と言われるミルフォード・トラック? 私がNZに行きたい!と思った理由の1つは、NZの…

「No.96 NZの空港検疫を体…」の続きを読む>>

No.95 カワウを訪ねて竹生島 (加藤 洋)

2007年07月発行

カワウを訪ねて竹生島   加藤 洋(WMO) かつて「深緑 竹生島の沈影」といわれた島。 滋賀県琵琶湖、ここにはカワウによって大きく変化していく島がある。 竹生島は、琵琶湖の北部に位置する周囲2km、面積0.14km2の島である。全島が花崗岩の一枚岩からなり、標高197.6mの急峻な地形をしている。この島には、歴史ある建物がいくつもある。島の斜面、勾配の急な165段の石階段の上に建造された宝厳寺は、神亀元年(724年)、聖武天皇により使わされた僧・行基により建立されたと言われる。都久夫須麻(つくぶすま)神…

「No.95 カワウを訪ねて竹生…」の続きを読む>>

ページの先頭へ