研究員によるフォトブログ

NO.98 サル怒りのボルテージ(全身編)

2010年06月07日

清野 紘典 「サル怒りのボルテージ(顔編)」と見比べて下さい。 4)ともなると一般的な成人男性のほとんどは逃げ腰になります。 ※野外でサルに威嚇されても走って逃げないで下さい。ひっかかれたり、噛み付かれるため危険です。ゆっくり後ずさりしてその場を離れましょう。 20100607_b.jpg

「NO.98 サル怒りのボルテー…」の続きを読む>>

NO.97 サル怒りのボルテージ(顔編)

2010年06月04日

清野 紘典  写真は筆者に対して怒りを顕にしている1頭のサルの表情です。  どの表情がもっともサルの怒りを感じるでしょうか。 20100604_2010.6.4.jpg

「NO.97 サル怒りのボルテー…」の続きを読む>>

NO.96 虫の襲撃

2010年06月02日

山元 得江  車を林道脇に止めて調査を行い、車に戻ってきたときのことです。タイヤやエンジン近くのボンネットに何かがたくさん張り付いていました。1本のタイヤに最低でも20匹。ボンネットの上などにも約20匹。見えているだけで車1台に100匹はいました。カメムシに車が襲撃されているかのようです。  このまま車を走らせると確実に踏み潰してカメムシ臭に包まれてしまうので、木の枝を使ってカメムシを刺激しないようにそぉーと払いのけました。この作戦は成功し、カメムシを踏み潰さずに移動できました。  カメムシは寒くなると暖かい人家に…

「NO.96 虫の襲撃」の続きを読む>>

NO.95 藪漕ぎジョニー

2010年05月31日

小林 健人 車で近付くやいなや睨みをきかせてきた湘南ボーイ。 間近だと恐い威嚇の姿勢も、あとで写真を見るとサーファーのようなポーズだったりして。 20100531_2010.5.312jpg.jpg

「NO.95 藪漕ぎジョニー」の続きを読む>>

NO.94 アフロジカ

2010年05月28日

加藤 洋  頭に草やらコケやらを乗せて歩くオスジカ。魅力的なファッション。モテモテに違いない。 20100528_2010.5.28.JPG

「NO.94 アフロジカ」の続きを読む>>

NO.93 タンポポ

2010年05月25日

岸本真弓  春になれば道ばたや畦にタンポポが咲く。幼い頃、ポケットや髪に飾ったり、花を首飾りにしたり、茎を笛にしたり。うららかな陽気にぴったりな、明るく楽しい自然の遊具だった。  今年春、京都府旧夜久野町でアスファルトの道と田んぼのコンクリート堤の隙間にタンポポを見つけた。ガードレールに負けない白い花。シロバナタンポポだ。首飾りを作った無邪気な時代から40年。もう私は摘むことはしない。ましてやシロバナタンポポなら、絶対に。  タンポポも在来種が外来種に押され、姿を消しつつあることは有名な話だ。荒れた土地でも半年もあ…

「NO.93 タンポポ」の続きを読む>>

NO.92 そんなことで大丈夫???

2010年05月21日

横山 典子  アスファルトの道路の向こうに何やら動くものがいた。双眼鏡でのぞくとアナグマだった。どうせ逃げられてしまうと思いつつ、カメラを持って車を降りた。  全くアナグマは私に気付かずどんどんやってくる。途中何度も顔を上げていたが、約20m先にいた私にはほとんど注意を払わず、落ち葉に顔を突っ込みながらどんどんやってくる。  7mくらいの所まで来てようやく気付いて、こちらをじっと見つめているが、うまく事態を飲み込めないらしい。頭に落ち葉をくっつけたままこちらをぼんやり見ている。  だんだん私に焦点が合ってきたのか、…

「NO.92 そんなことで大丈夫…」の続きを読む>>

NO.91 花のような葉

2010年05月19日

岸本 真弓  春の山はうきうき歩く。新しい季節の到来を草木が体現している。  常緑樹も落葉樹も新しい葉を出す。その中には花かと思うほど色鮮やかなものがある。 20100519_2010.5.19.jpg

「NO.91 花のような葉」の続きを読む>>

NO.90 愛の劇場

2010年05月11日

加藤 洋       1.♡ ♡ ♡       2.!?       3.※◎☀★♡↑♨~!! 20100511_2010.5.11.JPG

「NO.90 愛の劇場」の続きを読む>>

NO.89 嫌われ三兄弟

2010年05月06日

岸本 真弓  滋賀県東部の山。一面ユズリハが覆っている(写真上)。 しばらく行くとアセビ、マツカゼソウ、ユズリハが一堂に会していた(写真下)。この3種はシカの代表的な忌避植物である。シカが増えてくると、シカが食べない植物のみが繁茂してくる。それを調べてシカの累積利用圧を推測するという調査もある。 20100506_2010.5.6.jpg

「NO.89 嫌われ三兄弟」の続きを読む>>

NO.88 春の谷川

2010年04月27日

岸本 真弓 は〜るの小川はさらさらゆくよ〜♪  ラジオから小学校唱歌「春の小川」が流れ、やはり胸の奥がチクリとした。転校してまもない3年生の春、なじめない学校で初めてならった曲。教室から離れた最上階にあった音楽室から1.5kmの田んぼを越えて自分家が見えた。帰りたいと家を見ながらこの曲を歌った。あれからもう40年近く経つのにやはりこの曲はトラウマだ。  そんなことを考えながら調査地入り。ひとりイノシシの痕跡を探しながら一山越えて降りてきたところには、陽光を浴びて水しぶききらめく谷川が。こ…

「NO.88 春の谷川」の続きを読む>>

NO.87 親子の紋章

2010年04月21日

片山 敦司  2009年の秋はドングリが豊作で、関西圏でのツキノワグマ出没は全体的に少なかった。豊作年には栄養を蓄えたお母さんグマの妊娠率が高まると言われている。2010年は親子連れを見る機会が増えるかも知れない。  ところで、学習放獣などのために現場に行くと、一つの檻に親子(母子)が仲良く捕獲されていることがある。どちらか片方しか捕獲されていない場合は、人とクマの双方の安全上の問題があり、捕獲対応にものすごく神経を使う。しかし、同時捕獲の場合は作業量こそ多くはなるが、親子を一緒に放獣できるという安心感がある。  …

「NO.87 親子の紋章」の続きを読む>>

No.86 タイワンザルには台湾が似合う

2010年01月12日

白井 啓 台湾北部の森で、野生タイワンザルの群れを見た。 タイワンザルには台湾の森が似合うと思った。 同時に、ここにニホンザルがいても似合わないだろうな・・・とも思った。 20100112_22.JPG

「No.86 タイワンザルには台…」の続きを読む>>

No.85 笑うシカ

2009年12月15日

加藤 洋 自動撮影カメラで撮影した一枚。もう、笑うしかない。 20091215_2009.12.15.JPG

「No.85 笑うシカ」の続きを読む>>

No.84 ダニジカ

2009年11月27日

清野 紘典 7月S県。 林道を車で走っているとまったく逃げないシカがいた。 遠目にもやせ細っている姿が痛ましい。 双眼鏡を覗くと顔や耳に付着したダニの多さに驚いた。 輝く眼光とは対照的に死にゆく者がもつ気配に、野生で生きることの厳しさをあらためて感じた。 20091127_2009.11.jpg

「No.84 ダニジカ」の続きを読む>>

No.83 帰り道

2009年11月17日

山田 雄作  先日、南アルプスでの調査の帰りに出会った1枚。 本格的な冬はまだきていないものの、山の上はかなり寒く、 楽ではない調査でした。 このご褒美の出会いで、疲れがなくなりました。 20091117_2009.11.17.JPG

「No.83 帰り道」の続きを読む>>

No.82 「ハートのヌタ場」

2009年11月02日

本多 響子 ヌタ場はシカやイノシシが泥浴びをしたり体をこすり付けたりする場所ですが、山の中でハート型のヌタ場を見つけました! 仲良く2頭でゴロゴロしていたのでしょうか・・・ 20091102_2009.11.2.jpg

「No.82 「ハートのヌタ場」」の続きを読む>>

No.81 朽ち木の中の貴重な一枚

2009年10月09日

岸本 真弓 2008年4月鳥取県の山中を歩く。どこからかネコのアカンボウのようなミュウミュウという声がする。 声の源を探し周囲をグルグル歩くと、朽ち木からテンが飛び出してきた。とすると、この声はテンの赤ちゃん!  朽ち木の周りを這いつくばって見て回り、声の主を発見。赤ちゃんを驚かせないように、お母さんを怒らせないように急いで数枚の写真を撮らせてもらった。朽ち木にできた穴の中だったので、手を入れて見ないでの撮影だ。 1枚それとわかる写真が撮れていた。まだ目も開いておらず、産毛も生え始めたばかりの新生子。ほどなく戻って…

「No.81 朽ち木の中の貴重な…」の続きを読む>>

NO.80 枝の付け根

2009年10月08日

岸本 真弓 徳島にて、枝の折れた木を見た。 枝の付け根ってこんな風になっているのか。ねじ込み式みたい。 20091008_2009.10.8.jpg

「NO.80 枝の付け根」の続きを読む>>

No.79 「これなんだ?」

2009年09月14日

本多 響子 植物の実?マメ? クマの血液を吸ってお腹いっぱいのダニです。その大きさは2.5センチ超! 20090914_2009.9.jpg

「No.79 「これなんだ?」」の続きを読む>>

ページの先頭へ