研究員によるフォトブログ

No.2 三角点探訪「2001年秋徳島の巻」 <その2>

2002年06月14日

<その2>徳島県木頭村/上那賀町界3等三角点旭(源蔵のノ窪723.3m) 2001年11月1日曇り    那賀川を堰き止める小見野々ダムの上流約1.5km、海川谷川の流れ込む海川口橋のたもとより登り始める。小ピークである4等三角点本村(491m)を過ぎ、ただただ登って木頭村と上那賀町の町界の尾根にたどり着く。標高差50m、直線距離で500mほど行くと、私が「へのへのもへじピーク」と呼んだ源蔵ノ窪がある。地形図にいくつも示された小さな丸はピークなのか、それとも窪なのか。尾根とされるその辺りは幅100mから最大250m…

「No.2 三角点探訪「2001…」の続きを読む>>

No.2 三角点探訪「2001年秋徳島の巻」<その1>

2002年06月13日

<その1>徳島県日和佐町/相生町界2等三角点赤松(鉢ノ山621.1m) 2001年10月31日晴れ  日和佐町遠野の集落から登り始め、4等三角点栗作(412.0m)を通り、日和佐町と相生町の町界の尾根へたどり着く。そこからは常緑広葉樹とスギ成林の中をゆるゆると登り、北斜面に広大なスギ幼齢林を見ながら最後の30mを登り切るとそこに、2等三角点赤松(621.1m)がある(写真)。地形図では鉢ノ山となっている。伐採された北斜面は見晴らしがよく、3kmほど先の相生町大久保の集落が見える。大久保の集落は那賀川に面した集落であ…

「No.2 三角点探訪「2001…」の続きを読む>>

No.1 炭焼き小屋の老人

2002年03月16日

白井啓 昨年の秋、栃木県のある町にサルの調査に出かけた。採石場とその工場がならぶ道路を川沿いにのぼっていくと、両側に植林地で覆われている山々が続いた。はじめて訪れる町だったが、ある意味で、日本各地の山村で見慣れた風景がそこにもあった。それでも、最後の集落を過ぎると、尾根の上方にはきれいな紅葉の森が見えてきた。さらにさかのぼると、ようやくとサルに装着してある電波発信器の受信音が聞こえてきた。 サルを発見したのは、植林地帯の中に残る広葉樹林だった。植林しにくかったと思われる急斜面である(写真)。サルたちは、主にカラスザ…

「No.1 炭焼き小屋の老人」の続きを読む>>

ページの先頭へ