研究員によるフォトブログ

No.188 てっぺんの巨大な中国地図を発見!

2013年11月27日

姜 兆文  南アルプスの標高3033メートルの仙丈ヶ岳に巨大な「中国地図」(写真1)を発見した(図1、中国全域の白地図)。そっくりだと思いませんか。 昨年6月29日にGPS首輪が装着されたシカを探査するため、同じ会社の奥村さんと北沢峠から仙丈ヶ岳に登った。午後4時ぐらいに、くぼ地にある山小屋へ到着する前、最後の高所を越えると、山小屋を囲んでいる一面の山々が現れた(写真2)。その瞬間、この巨大な雪の「中国地図」が見えた。見た瞬間、非常にびっくりして、とても興奮したので、思わず、「これは中国地図だ」と叫んでしまった。日…

「No.188 てっぺんの巨大な…」の続きを読む>>

No.187 でかい!

2013年11月14日

溝井 彩 道路脇にひょこっと出てきたヤクシカ。いいタイミングでこちらを向いてくれました。 先日、ヤクシカの調査で屋久島に行ってまいりました。 初めて足を踏み入れた屋久島は終始、本州とは違う姿に驚かされっぱなし。 特に印象的だったのが、写真でもわかる様に、シダの大きいこと! (ヤクシカが本州のものと比べてかなり体が小さい、というのもあるかもしれませんが・・・)それにしても、でかい。自分もシダの横に並んで写真を撮っておけば良かった、、と少し心残りです。 たった一枚の写真に色々な濃さの緑があって、この写真を見ているだけで…

「No.187 でかい!」の続きを読む>>

No.186 あなたのお名前は?

2013年11月05日

中山 智絵  先日、瑞牆山に行った際、特徴的な形のきのこを見つけた。「これぞ正にラッパ型!きっと後で調べれば種名がわかるはず。」と思い、写真を撮りその場を後にした。 後日、時間ができたので同定を試みる。とは言っても、サンプルはないうえに、きのこ初心者なので、当たりがつけば良いなといった程度。さて、まずはネット検索から。ラッパ型で検索できるサイトがあったのでそれを見てみる。…シロアンズタケに似たようだが違う気がする。次に、図鑑で検索。…ウスタケと形がほぼ同じ!生育地もばっちり当てはまる。しかし、色が違うような…。「ウ…

「No.186 あなたのお名前は…」の続きを読む>>

No.185 ニホンザルの白変種

2013年09月27日

清野 紘典 真っ白なニホンザルを見るのは珍しいことです。 加齢とともに体毛が白っぽく変化するサルはしばしば観察されますが、写真のように完全な白色になることは少ないのです。 写真のサルは瞳孔が赤色ではなかったので、アルビノではなく、白変種であると考えられます。 アルビノは先天的にメラニン色素を生成できない遺伝子疾患ですが、白変種はメラニンを生成する正常な遺伝情報がありながら白化します。白変種と考えられるポイントは、瞳孔の色に加え、頭の一部分だけは通常のニホンザルと同じように茶色系の色になっていることです。メラニンを作…

「No.185 ニホンザルの白変…」の続きを読む>>

No.184 お疲れ様です

2013年08月29日

金子 文大 2011年夏、とある山中での一コマです。クマの毛を引っ掛けるために仕掛けたヘアトラップの見回りをしていると、クマをおびき寄せるためのベイト (蜂蜜) にセミの抜け殻がくっ付いていました。ベイトは、木と木の間にロープを渡し、吊るしてあるのですが、セミの幼虫は木を登り、さらにロープを伝って、ベイトの上で羽化したのでしょうか… 20130829_otukaresaamadesu.jpg

「No.184 お疲れ様です」の続きを読む>>

No.183 乗り越えてやってくる

2013年08月06日

岸本 真弓 遠方から見たとき、「何しているのかな?」と思った、このかかし。結構リアルです。 柵の向こう側(林内)にいる動物に対する威嚇なのだろうけど、このように設置されたもの初めて見ました。 20130806_norikoete.jpg

「No.183 乗り越えてやって…」の続きを読む>>

No.182 山の中の名前

2013年06月22日

岸本 真弓 山を歩いていて、突然人の名前を見つけることがある。 その山主さんを示すのか・・・? では、岩に書かれた文字は苗字ではないのか? 知り合いの名前に出会って、たぶん間違いなく別人なんだけど、とても懐かしく思えることもある。ちょっと珍しい初恋の人の名を見つけた時は、なんだかどきどきした。 20130622_yamanonakanonamae.jpg

「No.182 山の中の名前」の続きを読む>>

No.181 タヌキの不可解な行動

2013年05月02日

佐伯 真美 小雪舞い降りる冬の日に、山中で奇妙な光景に出くわした。 山の稜線部の広場に1頭のタヌキがいた。 タヌキは直径3m程度の弧を描くようにクルクルと走っていた。このタヌキ、3分程度回り続けた後、ピタッと止まり息を荒げながらボーっとしていた。しばらくすると我に返ったように、再び直径3m程度の範囲を走り始め、回る、止まる、回る、止まるを繰り返していた。 このタヌキの動画を関西分室の岸本真弓獣医師に見てもらったところ、直ぐに返信をもらえた。このタヌキ、どうやら病気のようだ。見た目、首もまがっており斜頸と思われ、可能…

「No.181 タヌキの不可解な…」の続きを読む>>

No.180 雪上の足跡のクイズ

2013年03月11日

姜 兆文  1月28日から2月2日まで、青森県下北半島のサル行動調査に参加した。久しぶりの雪山の調査は大変だったが、楽しかった。私は中国東北地方の出身で雪環境に慣れ、クロテンの行動調査するため、中国大興安嶺の氷点下30度ぐらいの雪山で、アメリカ人研究者と泊まり込んで調査した経験も何回があった。来日後、1995年から1997年まで山形県の雪山でカモシカの食性調査、2000年から2002年まで富士山麓でのシカ食害調査以来、本格的な雪山調査は11年ぶりだ。 カンジキで雪山をサルの足跡を辿って追跡しながら、その他の動物の痕…

「No.180 雪上の足跡のクイ…」の続きを読む>>

No.179 既成概念

2013年03月06日

岸本 真弓    小学生の一時期、石を蹴りながら家まで帰るという遊びに夢中になっていた。それを終わりにしたのは、「石が生きていたとしたら、こんなに移動させられて嫌かも。生きてるって、私が思う『生きてる』だけではないかも」とふと思ったからだった。  ザトウムシを初めて林内で見たとき、絶対これは宇宙船だと思った。宇宙人が必ずしも人間と同じ大きさとは思えなかったから。ザトウムシという名前を知った今でも、この動物(?)はしばし私を既成概念から解き放ってくれる。 20130306_josei.jpg

「No.179 既成概念」の続きを読む>>

No.178 雪上の蝶

2013年02月12日

中山 智絵  先日、青森県の下北半島にニホンザルの調査へ行った。雪山調査ではいつも以上に体力を使うので大変疲れた。しかし、雪山には楽しみもあった。動物の足跡だ。今回の調査では、ニホンザルの足跡の他にキツネ、ニホンノウサギ、ニホンリスの足跡を見た。なかでもニホンリスの足跡は私のお気に入りだ。なんだか蝶のようで可愛らしい。 20130212_ashiato.jpg

「No.178 雪上の蝶」の続きを読む>>

No.177 カモシカのいる場所

2013年01月20日

山田 雄作 写真のカモシカはどこにいるでしょうか。背景にはコンクリートが見えますが動物園ではありません。 南アルプスでカモシカの調査を行った際に道路沿いの法面にでてきてくれた個体です。 カモシカはこんな見晴らしと風通しが良い急斜面にはよく出てきます。 区画法に参加してくださった皆様ありがとうございました。 20130120_kamoshika3.JPG

「No.177 カモシカのいる場…」の続きを読む>>

No.176 屋久島のサルとシカ

2012年12月10日

清野 紘典 鹿児島県の南の海上に位置する屋久島。日本を代表する世界自然遺産の一つである。 屋久島のヤクザルやヤクジカは、屋久杉、ウミガメと並んで屋久島の自然の豊かさのシンボルになっている。 屋久島の西部林道は、車で数百mも走ればいくつものサルの群れやシカのグループに遭遇できる場所で、サルとシカの生息密度が高いエリアとして知られている。 そんな西部林道、道路上にサルの糞が一つとして落ちていない。 あれだけたくさんのサルがいれば糞のひとつも落ちていてもおかしくない。 ではなぜ見当たらないのか、シカがサルの糞を食べている…

「No.176 屋久島のサルとシ…」の続きを読む>>

No.175 もよおすところ

2012年11月11日

岸本 真弓  痕跡は、そこに棲む動物たちの生きる証拠であり、彼らの生きざまを想像させてくれる貴重なヒント。糞は、山歩きで最も目につく痕跡だ。  写真はテンやイタチとおぼしきイタチ科の糞。イタチ科は、なんだか目立つところによく糞をする。何かの上にしてあると分解が遅い可能性があるにしても、なんでもない地表面より、けっこう主張を感じるところに多いと思う。  写真左上は大きな葉っぱの上。右上は三角点石柱の上。左下はプラスチック杭の根元。右下はなぜか落ちていた靴下の上。ここに我有り、あるいは、ここは自分のもの、とばかりに糞が…

「No.175 もよおすところ」の続きを読む>>

No.174 DOR

2012年10月01日

岸本 真弓 Dead on the Road:路上の死(体)。多くは交通事故。 ところが、一見無傷で、交通事故にはとても思えない様子で、モグラやヒミズのDORをとてもよく見る。これは何なのか、なぜモグラやヒミズはここまで頻繁に道路上でボタンと死んでいるのか、野生動物調査に関わる多くの人たちの疑問だ。昨年、先輩調査員の方がこの謎を解くべくある検証をすると言っていた。謎解きが待たれる。 写真は同じ日に同じ道路でみつけたモグラ(上)とヒミズ。 20121001_dor.JPG

「No.174 DOR」の続きを読む>>

No.173 角2

2012年08月28日

山田 雄作 No.169ではシカの袋角について紹介しましたが、今回はカモシカの角の写真です。 角のアップの写真でわかりづらいのですが、添えてある手の正面にあるのが角で、右側に見えているのが耳です。 カモシカの角はシカとは違い雌雄共に生えます。また、毎年抜け替わることはなく生涯延び続けます。そして、よく見ていただくと角を一周するように溝が見えますが、これを角輪といい、この溝の数によって年齢を推定することもできます。 シカとカモシカ名前が似ているので、混同されやすいですがシカはシカ科、カモシカはウシ科で同じ角でもここま…

「No.173 角2」の続きを読む>>

No.172 従順な子ジカ

2012年08月13日

横山 典子 滋賀県の山を歩いているとき、登山道の脇をふとみると、薮も何もないちょっとしたくぼみに子ジカが寝ていた。朝の9時くらいのことである。とりあえず写真を撮りその場を去った。  山頂で仕事をして同じルートを戻った。もういるはずはないだろうと思いつつ、子ジカがいた場所を見ると、寝返りをうったのか、寝ている向きは変わっていたが、まだそこにいた。午後4時くらいである。つまり、7時間はずっとそこにいたことになる。  さわれるかもしれないと思って近寄ると、相変わらずじっとしている。そーっと手を伸ばして頭に触れると、全く逃…

「No.172 従順な子ジカ」の続きを読む>>

No.171 勝ち? 負け? それとも

2012年07月30日

岸本 真弓  京都の春山。一度ツル性植物に巻かれた経験を持つと思われるアベマキの木が立っていた(写真上)。しばらく進むと、今度はツル性植物が死んだ木を抱えていた(写真下)。お互いの力関係なのか、それとも本ブログNo.160のように第三者介入があったのか。  このあたり、広葉樹林の多くがアベマキ、コナラといった樹皮がごわごわの樹木ばかりになっている。シカが食べないからなのだと思う。 20120730_kachimake.jpg

「No.171 勝ち? 負け? …」の続きを読む>>

No.170 地上絵

2012年07月13日

岸本 真弓 滋賀県のあるところに、「鹿の楽園」と名付けられ、看板まで立っているところがある。看板をすぎてしばらく行くと草原にでる。草原というか、時季は秋だから、草も枯れて裸地である。そこに絵(線)がある。1本は、人が歩く登山道。他のすべての線はおそらくシカ。まるで地上絵のようだ。 20120713_chijoue.jpg

「No.170 地上絵」の続きを読む>>

No.169 角

2012年06月30日

山田 雄作 先日、神奈川県の丹沢山へ登ったときに出会ったシカの1枚です。 この時期にだけ見られる袋角のオスです。 シカの角は枝角と呼ばれ、毎年落角と再生を繰り返します。 角は春から秋にかけて形成され、形成途中は写真のように袋角となり、秋には袋がとれて立派な角になります。 20120630_tuno.jpg

「No.169 角」の続きを読む>>

ページの先頭へ